ファミリー

低血圧に要注意|健康長寿になって思い通りの生活を送ろう

健康に有益な知識

シニア夫婦

深刻な病気を予防

DHAとEPAは、動脈硬化の予防、改善効果がある成分です。動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞といった深刻な病気の引き金となりますから、DHAとEPAは非常に重要な成分だと言えます。但し、DHAもEPAも人間の体内では作られることのない成分ですので、外部より摂取する必要があります。そして、動脈硬化予防、改善効果がある摂取量はDHAとEPAを合わせて1日1g以上とされていますので、積極的に摂取する必要があるのです。DHAもEPAも青魚に豊富に含まれており、青魚をメインとした食事であるのならば、1日1gという摂取量はクリアできます。従って、青魚メインの食事を毎日食べれば、動脈硬化の予防、改善、ひいては脳卒中、心筋梗塞の予防になるというわけです。

合理的な摂取方法

しかし、そうはいっても、さすがに毎日青魚を食べることは難しいと言えます。青魚好きの人であっても、毎日青魚では嫌気がさすでしょうし、中には青魚が苦手で食べられない人もいますから、そういった人はDHAとEPAの摂取ができないということになってしまいます。そこで役に立つのが、サプリです。サプリを使用すれば、食事で無理する必要はなくなります。その上、サプリは服用が簡単ですから、毎日の使用が苦になりませんので、DHAとEPAの安定した摂取を可能します。つまりサプリの使用は、この上なく合理的なのです。DHAのサプリもEPAのサプリも人気のある、需要が多いサプリですので、入手は容易です。また、単独ではなく、DHAとEPA、一緒に含有している便利なサプリも多くあります。