ファミリー

低血圧に要注意|健康長寿になって思い通りの生活を送ろう

腸の中で働かせるには

栄養補助食品

種類を分ける

乳酸菌にはたくさんの種類があると言われており、ヨーグルトもメーカーによって含まれる乳酸菌が違ってきます。多くの人はヨーグルトの味や食べやすさで選びながら同じメーカーのものを食べることがありますが、実はその食べ方はあまり良くないといいます。1日に2種類のメーカーのヨーグルト、又はヨーグルトを食べて乳酸飲料水を飲むと、腸の中に入った乳酸菌が活発化して働いてくれるのです。同じメーカーを食べてばかりいると同じ乳酸菌を体内に入れることになり、怠けてしまい働かなくなります。しかし違うメーカーのヨーグルトを食べたりすると2種類以上の乳酸菌が入ってくるようになり、競争心が芽生え活発化し、よく働くようになるのです。

食物繊維も忘れずに

もし乳酸菌の効果を活発化させたいのであれば、乳酸菌だけを体内に入れるだけでも効力は引き出せます。しかし乳酸菌だけを入れるのは腸の入り口でとどまり、体内中に広がりにくいのです。そこに注意が必要です。腸の中で働かせるのであればもう1つの成分を取り入れていくのが必要です。それは食物繊維です。乳酸菌を入れるのであれば、一緒に食物繊維を取り入れることで効力を強くさせることができます。ヨーグルトの中にキウイやバナナを入れて食べたり、はちみつを加えて甘味を出したりするなど、食物繊維が豊富に含まれる食材を使って食べると腸の中を健康に働かせることができ、便秘改善効果などに良いといいます。朝にヨーグルト、そして夜眠る前に違うメーカーのヨーグルトを食べると効果を十分に出せるといいます。